スワップポイントとは

FXをはじめるにあたり、メリットとリスク、両面で考えなければならないのがスワップポイントです。
スワップポイントとは、スワップ金利とも呼ばれ、取引を行った際の2つの通貨間の金利差のことです。

FX取引を行う際には2種類の金利が発生します。
つまり、売りポジションと買いポジション、それぞれの通貨の金利です。
ここで重要なのは、政策金利というものは、あたりまえのようですが、国ごとによってその利率は異なるというところです。

たとえばユーロ円で取引をする場合、2012年2月現在でユーロは1.0%、日本円は0.1%の金利となっています。
日本円でユーロを購入、つまりユーロの買いポジションをもつと、購入した通貨分の1.0%が金利収入となります。一方、FXではその外貨の購入資金を業者から借りているわけですから、その借りたお金には0.1%の金利がかかり、その利息分を支払わなければなりません。

しかし、一方で1.0%の金利収入があり、他方で0.1%の利息しか支払わない。
どう考えてもプラス収支となっています。
この金利差による差額、これがスワップポイントです。

スワップポイントはFX業者によって差がありますが、たとえばYJFX!で豪ドル円での取引を行った場合、2012年1月19日現在の配当実績で100円(1万通貨あたり)となっています。
これでは自動販売機でジュースも買えない、微々たるものと思われるかもしれませんが、1ヶ月30日間で3,000円、1年365日間で36,500円です。こう見てみると、ちょっと馬鹿に出来ない金額となってきます。
つまり、スワップポイントとは長期的な取引をされる方に向いている特典といえるでしょう。

スワップポイント狙いで気をつけること

ただし、上記の計算はあくまで単純計算です。
実際には金利の変化や手数料によりスワップポイントは変わってきます。
また、通貨を両替する際、取引をはじめたときよりも円高が進んでいると、スワップポイントどころか為替差損が生じてしまうこともあります。

あくまでFXの一番の魅力は為替差益にあります。あまりスワップポイントばかりに気をとられてしまうと、逆に損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

GMOクリック証券
総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!

スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル円
スプレッド
通貨ペア数 取引単位
 9.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>> 人気ランキングをすべて見る