スワップポイントはどのくらい貰えるの?

トレードする2つの通貨の金利差によって発生するスワップポイントは、FXの大きな魅力の一つですね。現在の日本は超低金利なので、大抵の外貨を買うとスワップポイントが毎日発生してきます。各国の金利は昔に比べてかなり下がってしまいましたが、それでもまだまだスワップポイントで稼ぐことはできます。

1日では小額ですが毎日発生してくるものなので、レバレッジの高さやポジションの期間が長くなるとかなり高額になってきます。スワップポイント投資の方は、少しの利益を確実に積み重ねていき、大きな利益を得るというトレード方法なので、半年や1年と長期間にわたってトレードされる方が多いです。

金利の高いオーストラリアドルのような通貨になるとスワップポイントは非常に大きくなり、スワップポイント重視の長期トレードの方に非常に人気が高いです。

スワップポイントがどれくらい貰えるのか、オーストラリアドルを例に挙げてみてみましょう。
現在、豪ドル/日本円のスワップポイントは100円前後となっています。
計算しやすいので仮に100円/日としましょう。
1万ドルで100円/日なので、3,000円/月、36,500円/年になります。
5万ドルで500円/日なので、15,000円/月、182,500円/年になります。
10万ドルで1,000円/日なので、30,000円/月、365,000円/年になります。

金利が変化しない仮定の非常に乱暴な計算になっていますが、あくまでスワップポイントをイメージしやすいように書いてみました。(実際には日本の金利もオーストラリアの金利も変化しますのでスワップポイントは変化します。)1年間持ち続けると結構な金額になります。

日本の銀行に預けていてもほとんど利息が貰えないことを考えると凄い金額だと思います。皆さんが思いえがいていた金額より多いですか?少ないですか?

スワップポイントに魅力を感じた方やこれから取引をしようと考えている初心者の方には、スワップポイント重視の長期的なトレードはおススメです。FX会社によりスワップポイントは違いますので、スワップポイントの高いFX会社を選ぶとよりお得になります。1日では数円の差でも、長期間のトレードになれば大きく変わってくるので、FX会社はしっかり選びましょう。

スワップポイントはいつ貰えるの?

さて、ではスワップポイントの得る仕組み、計算方法はわかりましたが、実際にはいつ頃貰えるのでしょうか。貰えるタイミングがわからなければ、使い道もなかなか定まりませんからね。

上記でも記載した通り、スワップポイントはポジションを取った際に、翌日までに持ち越したときに発生します。ではこの発生のタイミングはいつなのか。それは、午前6時かもしくは午前7時のいずれかになります。なぜ二つあるのかというと、サマータイムとウィンタータイムの違いによります。

基準になるのは、ニューヨークで開かれている市場が、何時に閉まるのかによるのです。夏の場合は朝6時、冬の場合は朝の7時になります。つまり、その時間を過ぎると決済をスワップポイントが発生するということなのです。

スワップポイントの発生タイミングはわかりました。だけどこれだけでは、利益は指定の口座に入りませんよね。こちらが利益確定を行い、振り込み手続きを行わなければ振り込みがされません。

しかし、振り込み手続きが終わってもすぐに振り込みがされるわけではありません。基本的なルールとして、2営業後に振り込まれるというきまりがあるのです。

一つ例を挙げると、週の最初の営業日、つまりは月曜日に振り込みの手続きを行った場合、実際に引き落としになるのが2営業後の水曜日となるのです。どうですか。イメージは沸いたでしょうか。もしその週に引き落としを行いたいといった場合、水曜日までに引き落としの手続きをしないと、引き落としができないということになるのでご注意ください。

もし木曜日に引き落としの手続きをした場合、2営業後となるので土曜日なるのですが、土曜日ないしは日曜日は市場が動いていないので、週の初めの営業である月曜日になるのです。

ここでこのシステム上の注意点を申し上げます。上述の通り、スワップポイントを得るためには、ニューヨークの市場が閉まってから、スワップポイントが得られるのです。

これはもっと簡単に言えば、閉まるまでにポジションを持っていれば良いということなのです。例えば、ニューヨークの市場が閉まった後にポジションンを取ろうが、ニューヨーク市場が閉まる少し前にポジションを取ろうが、そのまま保有をし続け市場が閉まれば、保有の長さに関わらずスワップポイントを貰えるということなのです。

ですので、スワップポイントによる利益を狙うなら、ニューヨーク市場が閉まる前に決済をしないでそのまま持ち越すようにしましょう。ですが気を付けてほしいのは、そのスワップポイントを狙うあまり、為替差益の収入が減り、トータルでの収支が減るようなことは避けてください。FXトレードには絶好の買い場と売り場が必ずあります。

スワップポイントを狙いたいがために、その絶好のポイントを見逃してしまうようなら、収支が減るならまだよいのですが、最悪大きな損失に繋がる可能性もありますので、そこの匙加減にはお気を付けください。

高額スワップポイントを常時提供するFX業者の人気ランキングベスト3!


高スワップポイントとDMMFX PLUSという秀逸な取引ツールがオススメ!
FX業者の中でも飛びぬけて高いスワップポイントを提供しているのがDMMFXです。どの通貨ペアでも安定した高さをキープ。買い・売りのスワップポイントが同額なのも嬉しい。使いやすく非常に完成度の高い取引ツールや無料セミナーなどのサポートが充実しており、スプレッドが狭いので初心者の方には特におススメのFX会社。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 9.5 0.3銭原則固定 20種類 1万通貨


年間取引高で何と5年連続首位の座を守り続ける大人気業者!
スワップポイントは安定的に高水準を保ちつつ、知名度や実績、質の高い情報提供などのサービスの面でも非常に優れたFX業者となっています。特許取得のテクニカル分析機能付きチャートやプロ視点によるマーケット情報など使いやすい取引環境が人気で、年間取引高では5年連続FX業界第1位と多くの方に支持されています。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.5 1銭原則固定 24種類 1万通貨

総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!
スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>>人気ランキングをすべて見る