スワップポイントの算出の仕方・計算方法

FX会社のサイトを見ると、だいたいどこの会社でも、主要各国の為替レート、スワップポイント、政策金利が一覧表で用意されています。このうち、為替レートは取引によって、金利は政策によって変化するということは理解しやすいかと思いますが、では、スワップポイントはどのように算出されるのでしょうか。

FX業者によってその計算方法には多少の違いがあるようですが、基本的には以下のような計算をしています。

(1)1年間のスワップ金利為替レート × 保有通貨数 × 金利差
(2)1日のスワップポイント1年間のスワップ金利 ÷ 365日

FX会社が提示しているスワップポイントの一覧は、一般的に(2)の1日のスワップポイントです。一覧表の下などに但書きがあるかと思いますが、多くの場合、そのスワップポイントは1万通貨を保有した際の金額となっています。

つまり、スワップポイントがいくらになるかというのは、取引通貨間の金利差為替レートの2つによって決定されるのです。当然ながら、この2つの要素は変動するので、それにともなってスワップポイントも変化します。

実際に、豪ドル円で1万通貨の取引を行った場合を例にとって計算してみましょう。
<計算条件>
・政策金利: 日本 =0.1%
      豪ドル=4.5%
・為替レート:1豪ドル=90円

(1)1年間のスワップ金利は、
   90 × 10,000 × { ( 4.5 − 0.1 ) / 100 } = 39,600円
(2)1日のスワップポイントは、
   39,600 ÷ 365 = 108.5円

このように算出することが出来ます。

もしも為替レートが、1豪ドル=90円から80円に下がると、スワップポイントも108.5円から96.4円になります。また、もしも為替レートはそのままに、金利が4.5%から5.0%に上がると、108.5円から120.8円になります。

よくわからない方は年間のスワップ金利受取額を自分で計算してみよう

実際にポジションを保有しているとスワップ金利はどれくらい受け取れるのでしょうか。

下記の表の入力フォームに、保有ポジションの購入時点の為替レートと通貨ペアの1日あたりのスワップポイント、レバレッジが何倍なのかを入力してみましょう。そうすれば、1万通貨あたりに必要になる自己資金額とスワップポイントで得られる金額と利回りを瞬時に計算できます。

為替レート   円
スワップポイント
レバレッジ
  
必要な自己資金額   円
スワップポイント(年間)   円
利回り(年利)   %

例えば、豪ドル円の為替レート価格が「90円」の場合、利用しているFX業者で1万通貨あたりのスワップポイントが100円付与されるとしましょう。レバレッジは2倍で運用すると仮定してその通りに選択してみましょう。そして、「計算する」ボタンを押すと必要な資金45万円年間のスワップポイント36,500円利回り8.11%になるのがわかります。

スワップポイントに一定の効果を期待するのは、長期的な取引を行う場合です。
長期の取引ともなれば、そのなかで為替レートが大きく変動することもありますし、政策金利も変わることがあるでしょう。

スワップポイントを念頭に置いた取引をされるのならば、こうした為替変動や政策金利の動向に細かく注意を払いながら、リスク管理をしていくことが大切です。

GMOクリック証券
総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!

スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル円
スプレッド
通貨ペア数 取引単位
 9.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>> 人気ランキングをすべて見る