毎日スワップポイント得ることの複利効果を検証

スワップポイントで得た利益は、引き出すことはもちろんですが、そのまま証拠金として再投資することも出来ます。スワップポイントを証拠金として新たにポジションを立てること、つまり金利に金利をつけること、これを複利運用といいます。

複利運用とは、一定期間の投資によって発生した利益をさらに元本に上乗せして、投資を続けていくことです。金利がかかる元本に上乗せしていくわけですから、投資期間を長くすれば長くするほど、利益は増えていくことになります。対する単利運用では、元本につく金利のみとなるので、決められた一定額しか利益が得られません。

では、複利運用と単利運用とではどう違うのか、実際に見てみましょう。

◆計算条件
・証拠金:200万円
・購入通貨:豪ドル(相場:AUD=100円)を5万通貨購入
・レバレッジ:5倍で運用
・スワップ金利:100円/日(1万通貨あたり)※ただし相場変動による為替差益は考慮しない。

【単利運用の場合】
1年間で受け取れるスワップポイントは、
  1日100円 × 5万通貨 × 365日 = 182,500円
となります。

【複利運用の場合】
外貨FXで複利運用するためには、スワップポイントがある一定額たまらないと、再投資することはできません。
仮に、スワップポイントを1,000通貨単位で買い増しをするとして、1,000通貨買い増しするために必要な証拠金は、

  1,000(通貨)×100円(=1豪ドル)÷5倍=20,000円
毎日の受け取りスワップポイントは、

  100円×5倍(レバレッジ)=500円 

なので、最初に1,000通貨買い増しするために必要な日数は、

  20,000÷500=40日 

となり、これで1,000通貨がプラスされ、5.1万通貨になりました。
2回目に1,000通貨買い増しするために必要な日数は、

  20,000÷(500+10)=39.2 →40日

これで5.2万通貨。
3回目に1,000通貨買い増しするために必要な日数は、

 20,000÷(500+20)=38.5 →39日

これで5.3万通貨。 このように、4回目、5回目と買いを追うごとに買い増しに必要な日数は短くなっていきます。

低レバレッジで運用するのがスワップ投資の秘訣

このように計算していくと、複利運用した場合の1年間で受け取れるスワップ金利は、19,8010円です。
同じ条件のもとで単利運用すると、1年間で受け取れるスワップ金利は、182,500円です。
その差、15,510円です。

金額やレバレッジを大きくし、期間をもっと長くすれば、複利運用のスワップポイントはさらに膨らんでいくことになります。

まさに夢のような話ですが、もちろん、そんなにいいことばかりではありません。うまい話には、それなりのリスクがあります。
いくらレバレッジを高くし、利率の高い外貨でスワップポイントを得ていても、為替相場が大きく動き円高にでもなれば、スワップポイントなんて悠長なことはいっていられません。為替差損が発生し、おそらくはロスカットされ、大きな損失をこうむることになるはずです。
スワップポイントに気をとられすぎていると思わぬ落とし穴にはまりこんでしまう場合があるので、レバレッジは低めにし、相場の変動にも充分気を配るようにしましょう。

GMOクリック証券
総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!

スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル円
スプレッド
通貨ペア数 取引単位
 9.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>> 人気ランキングをすべて見る