スワップポイントと政策金利の関係

政策金利とは、各国の中央銀行が決める金利のことです。
発表は年に数回行われ、経済状況により0.25%〜0.5%の間で変化することが多いです。
景気の良い時には引き上げられインフレや景気の行き過ぎを抑え、景気の悪い時には引き下げられデフレを解消し景気を刺激します。

トレードする通貨ペアの国の政策金の差がスワップポイントになります。
例えば日本は0.10%、オーストラリアは4.25%だとすると、金利差は4.15%になります。
この4.15%をスワップポイントとしてもらえるのです。

わかりやすくオーストラリアドルを1ドル90円とすると、1万通貨を買うと90万円になります。
90万円×4.15%=37,350円のスワップポイントが年間で付きますので、365日で割ると約102円となります
これが1日で貰えるスワップポイントです。

トレードする通貨の国の政策金利差が多ければ多いほどスワップポイントが高くなります。
しかし、売りからのトレードいわゆるショートポジションの場合は、金利差がマイナスになるためスワップポイントを払わなければなりません。
スワップ投資をお考えの方にはあまり関係ないですが、短期トレードを始める時には注意が必要になります。

現在FXトレードが可能で金利の高い国は、南アフリカ、トルコ、オーストラリア、ニュージーランドなどです。金利は経済成長や景気対策など様々な要素がからみあい決められています。金利が高いからといって、必ずしも経済成長が著しいということではありません。
初心者の方にはオーストラリアドルやニュージーランドドルなどの通貨がおススメです。
マイナー通貨は、動きが読みにくいので取引には十分注意が必要です。

政策金利の高い国とは

現在FXトレードが可能で金利の高い国は、南アフリカ、トルコ、オーストラリア、ニュージーランドなどです。
金利は経済成長や景気対策など様々な要素がからみあい決められています。
金利が高いからといって、必ずしも経済成長が著しいということではありません。
初心者の方にはオーストラリアドルやニュージーランドドルなどの通貨がおススメです。
マイナー通貨は、動きが読みにくいので取引には十分注意が必要です。

GMOクリック証券
総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!

スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル円
スプレッド
通貨ペア数 取引単位
 9.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>> 人気ランキングをすべて見る