長期投資とレバレッジの考え方

スワップポイント狙いのトレードに求められるのは長期投資です。
為替差益のように大きな収益は期待できませんが、ポジションを保持しつづけるだけで発生するので、長くもちこせばもちこした分だけ、塵も積もれば式に増えていきます。

長期投資をする際に必要なことはポジションを保持しつづけること。為替の変動にいちいち損切りしているようではスワップポイントは期待できません。
そのために考えなければならないのがレバレッジの設定です。
レバレッジを高くすれば、当然それだけリスクも高くなります。

長期投資は短期投資よりも価格の上がり下がりは大きくなります。デイトレードでは価格の変動などたかだか数十銭から大きくても1円程度ですが、1年単位で見てみると5円10円の上昇・下落はあたりまえです。短期投資と同じ感覚でレバレッジを設定してしまうと、ロスカットの危険は格段に上がってしまいます。
したがって、長期投資にはポジションを保てるだけの低いレバレッジで余裕をもたせることが重要なのです。

では、いったい長期投資には何倍が妥当なのでしょうか。
最も安全な策をとるのだとすれば、過去数年間の最大下落幅をみてみるとよいでしょう。

たとえば、ドル円で取引を行う場合、2012年2月現在では、1ドル=80円以上となっています。ここではわかりやすく1ドル=80円として考えます。
最近ではこの水準であたりまえのように上下していますが、考えてみると、サブプライムローン問題が起こる前の2007年1月ころは、1ドル=120円でした。
この値を最大としてみてみると、下落率は33.3%です。
仮に2007年1月に5万通貨購入したとします。そのためには日本円で600万円が必要です。
そして5年後の2012年2月現在まで、5万通貨そのままもちこしたとします。この急激な円高ドル安により、5万通貨の価値は400万円にまで暴落してしまいました。

では、このような最悪の事態にも耐えるために、レバレッジは何倍に設定すればいいのでしょう。
上記の場合、為替差損は200万円です。
強制ロスカット率は、FX業者によって違います。また、レバレッジによっても変わってくるのが一般的です。
仮にロスカット率30%としてトレードをはじめるとすると、200万円の損益が強制ストップの水準とされるのは、200万 ÷ 70% = 約280万円の証拠金を預け入れていたときです。つまり、証拠金300万円であれば、強制ロスカットにはなりません。
つまり300万円で5万通貨購入するためにはレバレッジ2倍となります。これ以上高くすると、このたびの金融危機はのりきれなかった、ということになります。

もちろん、ふつうはここまでの急暴落を、指をくわえて見ているなどとは考えられませんし、ここまでの世界規模の金融危機もそう滅多にあるものではありません。しかし、あえて最悪の事態を想定したリスク管理を考えているのならば、レバレッジ2倍が安全圏といっていいでしょう。

GMOクリック証券
総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!

スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル円
スプレッド
通貨ペア数 取引単位
 9.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>> 人気ランキングをすべて見る