リスク分散が重要となる長期投資

為替も投資のひとつである以上、リスクは必ずともなうものです。
ある通貨のレートが上昇すれば、その変動で利益を手にする人もあれば、逆に損失を被ってしまう人もある。これは当然のことで、あえて考えてみるまでもないことでしょう。

しかし、リスクを100%回避することは、まず不可能です。
100%が存在すれば、取引なんて成り立ちません。
ですから、私たちに出来ることは、リスクから完全に背を向けることではなく、なるべくダメージを減らすということです。

これをリスクの分散といいます。

スワップ狙いの取引スタイルでは、ふつう長期投資が行われます。というより、長期投資でなければスワップポイントの恩恵に与ることが出来ません。
しかし、長期投資というのは、短期よりもリスクが大きくなります。
というのも、一時的な下落でロスカットに引っかかってしまっては取引を長く続けることが難しいため、スワップ狙いの場合は損切りを深く設定することが多いからです。

為替には予期せぬ変動がつきもので、政変、テロ、天変地異、最近では記憶に新しいサブプライム問題など、すぐに思いつくものだけでもこれだけの予測困難な要素があります。
気づくと、もう相場がとりかえしのつかない状況になっているなんてこともありうるわけです。
たとえばAという国で、1万通貨あたり20円のスワップポイントが貰える通貨を4万通貨買ったとします。毎日80円入ってくると喜んでいると、そのA国が国家規模で経済赤字を抱え込んでいることが発覚します。レートは暴落し、スワップポイントがどうのこうの言っている前に、資本が全て飛んでしまいます。

リスク分散をする時の注意点

そんな事態を避けるために、リスク分散が必要なのです。
上記の例の場合、4万通貨を4カ国に分ければいいのです。

仮にA国と同等の金利設定をしている3カ国を選び、それぞれに分散して取引をします。スワップポイントはほぼ同額が貰え、たとえそのうちの1カ国が破綻したとしても、傷は4分の1ですみます。
しかし、分散している分、損失を被る可能性は4倍になります。したがって、損害と確立を総合してみると、リスクの大きさは、1カ国も4カ国も同じです。一方は可能性は低いけれど0か100、他方は可能性は高くなるけど75か100、となるわけです。

ただし分散して取引する際、注意点があります。
それは、連動する通貨を2つ以上入れないということです。
たとえばUSドルとカナダドルがそうです。USドルが下落すると、それに連動するようにカナダドルも下がる。
もしも4通貨の中にこの2つを入れていたら、最初からリスクは2分の1だった、ということになってしまいます。

どことどこの通貨に相関関係にあるかというのは、過去のデータからだいたいわかっています。
詳しいところはここでは省略しますが、一般的には大陸を分けて分散するのが有効といわれています。

短期で勝負する人よりも、スワップ狙いは堅実な運用方針です。
細かくリスク分散するのは面倒かもしれませんが、リスクを軽減するためにはとても大切な作業なのです。

GMOクリック証券
総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!

スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル円
スプレッド
通貨ペア数 取引単位
 9.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>> 人気ランキングをすべて見る