スワップポイントを普段の3倍貰える日がある?

毎日発生するスワップポイントが3倍貰えるというお得な日が存在します。ポジションを持っているだけで毎日利益となり増えていくスワップポイントですが通貨ペア次第ではなかなか馬鹿に出来ない利益となります。それがさらに3倍になってもらえる、なかなかお得な情報ですよね。いつなのかは非常に気になるとろですが、それは日本時間では木曜日の早朝になります。

詳しくは水曜日のNY市場が閉まる時間帯になり、日本時間で言うと木曜日の朝7時(サマータイム期間では6時)です。FX会社のメンテナンス時間と重なることも珍しくない時間帯です。そのタイミングはFX会社によってまちまちなので、各自で利用するFX会社のHPなどから情報を得てメンテナンス時間帯を把握しておきましょう。

スワップポイントが早朝に発生する理由とは

なぜ早朝にスワップポイントが?と思われる方も多いと思います。これはスワップポイントの発生するタイミングに関係してきます。

通常スワップポイントは、NY市場が閉まる時間帯(NY時間17時)、日本時間でいうと木曜日の朝7時(サマータイム期間では6時)、この時間帯をまたいでポジションを持っているとスワップポイントが発生します。FXはNY市場のクローズを基準にしてオーバーナイト(日付変更)となりますので、このタイミングで一日間ポジションを保有したということになり、その分のスワップポイントが付与されるということになります。余談ではありますがチャートの日足に関してもNY市場のクローズが基準となって次の日の足に移行します。

スワップポイントは、通常取引完了の2営業日後に受け渡しされることになっています。木曜日の2営業日後は、翌週の月曜日になります。これは土日が営業日ではないので、通常より2日間多く決算までかかるため、3倍というより決算が先送りされた辻褄合わせで3日分貰えるということになります。

ちょっとわかりにくいですが、休みの時に貯まったポイントを次の営業日にまとめて支払ってくれるというイメージで考えてみると理解しやすいかもしれません。

なお、月曜日に祝日が入っていたり、ゴールデンウイークや年末年始の大型連休などになると、4倍デー、5倍デーになることもたまにあります。また、日本の祝日だけではなく海外の祝日も当然考慮されます。

日本か通貨ペア相手国のどちらかが祝日ならば、受け渡し日が変則的になってスワップポイントの発生もそれに合わせて変わります。「ドル円は1日分のスワップポイントだったけど、豪ドル円はなぜか2日分のスワップポイントが付いた」ということや「他の通貨ペアはちゃんとスワップポイントが付いたのに豪ドル円だけはなぜか全くつかなかった」ということが起こります。

他にも、スワップ発生の時間帯や日数は各社違うので、ホームページでの確認が必要です。3倍デーなどなどスワップポイント発生の状況はFX会社で公開している「スワップポイントカレンダー」などをみれば簡単に確認できます。勘違いでスワップポイント狙いが無駄になる取引を防ぐためにもしっかり見ておきましょう。

たった数分の取引でまとまったスワップポイントを貰える!?

今まで説明してきたこのスワップポイントの性質を利用すると非常に短い期間、たった数分の取引だけでも3倍、4倍、時には7倍や8倍と1週間分に相当する非常に大きな量のスワップポイントを貰うことができます。

その方法は日本時間の木曜午前7時直前、いわゆるNY市場クローズ直前に買い、7時を過ぎるとすぐに決済すれば、たった数分間のトレードにもかかわらず3倍のスワップポイントを貰うことが可能です。

スワップポイントカレンダーを見て高倍率の日があった場合、その日に同じようなことをすれば良いわけです。スワップポイント付与のための最低限の保有時間の縛りはほとんどのFX会社ではありませんので、このようなテクニックが出来てしまいます。

じゃあ早朝に取引すれば絶対に儲かる!・・・というわけでもない

ただし、早朝はオープンしている主な市場がNZのウエリントン市場のみとなり、取引参加者が昼間~夜と比べて少なくなる状況なので各FX会社ともスプレッドを広めに開きがちです。

さらに前日のNY市場の動向次第では参加者の少ないこの時間帯にまとまったロスカット注文を狙う仕掛けがあったりで、そのような時の相場は大きく荒れることもあります。前日のニュース等に十分注意が必要です。

特にスワップポイント狙いの取引対象になりやすい金利の高い豪ドルやNZドルなどは、オープンしている市場の主要取引通貨です。この時間帯には経済指標の発表もあり、当然ながら取引量が増えます。状況により為替レートの動きが荒くなることが多いので気をつけましょう。

3倍、4倍のスワップポイントを貰っても、レート変動やスプレッド変動の影響を受けて為替差損がでてしまっては本末転倒、スワップポイントを取った意味がないので、タイミングを間違えないように慎重に取引してください。

高額スワップポイントを常時提供するFX業者の人気ランキングベスト3!


高スワップポイントとDMMFX PLUSという秀逸な取引ツールがオススメ!
FX業者の中でも飛びぬけて高いスワップポイントを提供しているのがDMMFXです。どの通貨ペアでも安定した高さをキープ。買い・売りのスワップポイントが同額なのも嬉しい。使いやすく非常に完成度の高い取引ツールや無料セミナーなどのサポートが充実しており、スプレッドが狭いので初心者の方には特におススメのFX会社。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 9.5 0.3銭原則固定 20種類 1万通貨


年間取引高で何と5年連続首位の座を守り続ける大人気業者!
スワップポイントは安定的に高水準を保ちつつ、知名度や実績、質の高い情報提供などのサービスの面でも非常に優れたFX業者となっています。特許取得のテクニカル分析機能付きチャートやプロ視点によるマーケット情報など使いやすい取引環境が人気で、年間取引高では5年連続FX業界第1位と多くの方に支持されています。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.5 1銭原則固定 24種類 1万通貨

総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!
スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>>人気ランキングをすべて見る