キャリートレード・スワップ投資にはミセス・ワタナベが関係する?

円キャリートレードの話になると、ミセス・ワタナベという名前がよくでてきます。ミセス・ワタナベといっても、渡辺夫人という特定の女性投資家がいたというわけではなく、世界的に豊かな資産をもつ日本の個人投資家たち一般を指す俗称で、海外メディアによって使われるようになりました。外国人にとってのメジャーな日本の名字は’’ワタナベ’’だったようです。’’キモノ・トレーダー’’という言葉も同じ意味として使われます。

2007年ころから、東京のインターバンク市場にて、為替相場の方向性が、それらしい大きな要因がないにもかかわらず昼をはさんで午後になると、反対方向へ振れる現象がしばしば見られるようになりました。こうした不思議な現象の原因を探ってみたところ、どうやら日本の主婦やサラリーマンなどの個人FX投資家が、昼休みの空いた時間を利用して一斉に円売り・ドル買いの注文をだしていたことが判明したのです。それは相場を左右させるほどの大きな動きで、海外の経済紙なども’’Mrs.Watanabe’’と称して注目するようになりました。

ミセス・ワタナベのトレードスタイルは円キャリートレードと呼ばれるものです。
キャリートレードとは、金利の低い通貨を借り入れて金利の高い通貨で運用し、その金利差による利鞘で稼ぐ手法のこと、つまりはスワップ狙いのFX投資です。
周知のとおり日本は世界的にみても超低金利政策です。これを利用して、低金利の日本円を借り入れ、高金利の外貨を購入し、その金利差をいただこうという円キャリートレードが流行しました。

日本の個人投資家の規模は侮れないものがありました。金利の高いオーストラリア、ニュージーランドに人気が集中し、その金額たるやすさまじく、豪ドル、NZドルが瞬く間に高騰するほどで、そして、とうとうNZ中央銀行に為替介入をさせるまでにいたったのです。

しかしミセス・ワタナベの勢いも長くは続きませんでした。
ミセス・ワタナベを狙うミセス・ワタナベ狩りという動きがありました。こうした日本の個人投資家の存在を疎ましく思っていた海外投機筋が、相場の取引が薄くなり、少ない注文で価格変動を起こしやすい時間帯を見計らって、ミセス・ワタナベのストップロスを狙ったのです。

また、世界規模の金融危機がトドメを差しました。
2007年、アメリカに端を発したサブプライムローン問題や世界的な金融不安により、ドルの信用は失墜し急激な円高がはじまりました。これにより多くのFX投資家が多大な損失を被ることとなり、ミセス・ワタナベも例外ではありませんでした。

ミセス・ワタナベという存在には、学ぶべきことがたくさんあります。スワップ金利狙いのFX投資におけるリスク管理という点で、いまでもそこから教訓を得ているトレーダーも多いようです。

GMOクリック証券
総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!

スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル円
スプレッド
通貨ペア数 取引単位
 9.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>> 人気ランキングをすべて見る