スワップポイントは他のFX会社を圧倒する高さで人気!

ISホールディングスの子会社で、2011年にアイディーオー証券(IDO証券)から社名をライブスター証券に変更。スワップポイントは業界ナンバーワン水準で、どの通貨ペアに対しても高いスワップポイントを提供してくれています。スプレッドも安定しておりバランスの良いFX会社です。高機能トレードツール「livestar FX」は使いやすくiPhoneにも対応しています。

スワップポイントの高さ  9.0

ライブスター証券の特長を3つ

2011年から高スワップポイントを維持!

取り扱う24通貨ペア全てで高スワップポイントを提供しています。スワップポイント業界No.1水準とホームページにも記載しているようにスワップポイントには力を入れている会社なので、中長期のトレードをされる方にはおススメです。

ネットの口コミや他のサイトでもライブスター証券の高スワップポイントは評判です。

スプレッドもリーズナブルなので取引コストが安い!

米ドル/円が0.8銭、ユーロ/米ドル1.2pipとスプレッドもかなり低くなっています。ただスプレッドが狭いだけではなく、上限スプレッドが決まっているので安定しているのも魅力です。様々なトレードスタイルに対応できる優秀なFX会社といえます。

「livestar FX」は高機能で使いやすい!

様々な高機能を搭載した取引ツールですが、1クリックで新規や決済の注文ができたり、リアルタイムのチャートからもクリックだけで注文できたりとシンプルな操作で初心者の方でも安心して使えます。26種類のテクニカル指標や15種類の描画ツール、過去のトレードを客観的に分析してくれる機能などもあり上級者の方でも満足していただけます。iPhone版やモバイル版もあるのでいつでもどこでもチャンスを逃さずトレード可能です。

ライブスター証券のメリット

・ほとんどの通貨においてスプレッドが低い
トレードを行う際に、無駄な出費というのは避けたいですよね。その中でも一番の無駄な部分というのは、FX業者に払う手数料です。毎回売買をする中で払わなければいけない手数料であるスプレッド、低いに越したことはないですよね。

そんな中、スプレッドが低いFX会社がこのライブスター証券なのです。そのため、毎日複数回トレードを行う人にとっては、取引をするたびにほかのFX業者よりかはライブスター証券で行ったほうがお得なります。しかし、あまり多く取引としない方、長期や中期取引をメインに行っている人からしたら、あまりメリットにはならないでしょう。

・登録から取引スタートまでが早い
FXを行うためには、FX業者に登録を行わなければなりません。しかし、業者によっては時間がかかったりしますよね。このライブスター証券はその時間がとても短いのです。

そもそも、ネットで登録が可能なうえに、必要な個人情報も免許証の写しだけなのでとても楽なのです。やりたいと思っても、審査に時間がかかったり、書面を送らなければならなくてなかなか取引ができなくてやきもきする必要がなくなりますので、始める際はとてもお勧めできます。

ライブスター証券のデメリット

・FXにはあまり力を入れていない?
ライブスター証券は他にも株も扱っています。FX専用の御者というわけではありませんので、FXに手がなかなか回らないのかもしれません。扱っているシステム自体も、FX専用というわけではなく、流用されたものを使われていますし、情報提供サービスというものもありません。

情報もブログ等で上げてはいるのですが、それでしたら情報だけはほかのFX業者から得たほうがいいレベルです。こういった情報がいらなくて、単にFX取引のみをしたいという方にはお勧めですが、それ以外にもサービスを充実させたい人にとってはあまりここを選ぶメリットというものはないでしょう。

・通貨単位が一つだけ
上記にも記載をさせていただいましたが、FXに関しては力をあまり入れていません。それも扱える通貨量にも出ております。ライブスター証券で扱える通貨の量は、1万通貨単位からなのです。これより少ない通貨量で行いたい場合は、FXトレーディングシステムズ という別のサービスを利用することにより、1,000通貨での取引をできるので、そういった意味でもサービスが行き届いてないことがうかがえます。

・スプレッドは低いが南アフリカランドのみは高い
上記のメリットの項目で、スプレッドは全体的に低いことをお話いたしましたが、例外があります。それは金利が高い通貨である南アフリカランドなのです。南アフリカランドはスワップ取引で重宝する通貨ではありますが。

それのスプレッドは高く設定をされているので、おいそれと短期的な売買はできません。長期的に考えており、あまりスプレッドを意識をしない人ならいいかもしれませんが、そうでないのなら、ほかの南アフリカランドを扱っているFX業者のほうが、スプレッドは安いのでそちらにしたほうがいいかもしれません。

ライブスター証券が提供する取引条件やサービス概要

ライブスター証券が現在提供している外為サービスの取引条件(スプレッド水準や通貨ペア数、初回入金額など)や口座の機能・入出金体系などを紹介します。

【取引条件】

米ドル円スプレッド 最大レバレッジ 通貨ペア数 初回入金額
0.6銭原則固定 25倍 40種類 5万円~

【クイック入金対応状況】

三菱UFJ 三井住友 みずほ ジャパンネット銀行 楽天銀行 ゆうちょ 住信SBI セブン銀行 スルガ銀行

その他埼玉りそな銀行のクイック入金に対応

【モバイル対応状況】

docomo au ソフトバンク iPhone Android