マネースクウェア・ジャパンのトラリピFX

人気の高金利通貨のスワップポイントは魅力!
当初は富裕層向けのFX業者としてスタートした「マネースクェア・ジャパン」は、その後数ある同業者の中で唯一東証2部上場するという快挙を成し遂げ、現在では特にシステムトレードに特化したFX業者として認識されつつあるようです。
また独自に構築した「M2J FXアカデミア」という投資教育プログラムを、年間100回以上にわたって開催しており、会員はそれを無料で受講でいる仕組みとなっています。
こうした様々なサポート体制も「マネースクェア・ジャパン」の評価を押し上げる形となり、それは結果として会員の7割以上が利益を獲得するという結果にもつながっています。
現在そんな「マネースクェア・ジャパン」のメイン商品となっているのた「トラリピ(トラップリピートイフダン)」という自動発注機能です。これは現在特許も申請中となっています。
スワップポイントの高さ 6.0

複数のしかけで待つ!「トラップリピートイフダン」とは?

マネースクウェア・ジャパンのトラリピFXが現在提供している外為サービスの取引条件(スプレッド水準や通貨ペア数、初回入金額など)や口座の機能・入出金体系などを紹介します。

複数の注文をたった1回で!
通常のトレード方法と異なり、1箇所のみならず複数の仕掛けを置いておくことを可能にしたことによって、一度の注文でこうした様々な条件で勝ちを拾うことができるようになっています。
自動的に注文を繰り返してくれるリピート機能
24時間自動設定で利益をとり続けようと考えた場合、どうしても新たな注文を出す時間や、その際の値動きなどがネックになります。
入力作業をしている間に機会を逸してしまう、ということもあるでしょう。
そんなロスを失くすために導入されたのがこの「リピート機能」です。
この機能は自動注文を繰り返すことができるようになっており、そのお蔭でこういったロスを最大限になくすことができるようになりました。
事前のストップロスでリスクヘッジ!
相場の動きによって、損益が発生しそうなタイミングで出したいのが損切りです。このストップロス注文を、最初の注文時にできるようになっていることで、リスクヘッジを強力にサポートしています。

トレーダーの戦略に合わせて様々な使い方ができるこの「トラップリピートイフダン」。是非一度試してみることをおすすめします。

マネースクウェア・ジャパンの総評

「トラップリピートイフダン」に代表されるように、「マネースクェア・ジャパン」はとにかく利益を出すことに特化して、トレーダに対するサポートを行なっているという印象が強いです。
その結果、7割以上の人が利益を出しているというのもうなずけます。

特に豪ドル / 円の通貨ペアで取引をしている人は、何とその8割が利益を出しているというから驚きです。
上記した豪ドル / 円以外の通貨ペアのスワップがあまり高くないことと、手数料が比較的高めなのが気になるところですが、その分サービスが充実していると考えれば、資金に多少余裕のあるトレーダーにとっては、十分プラスになる選択ということができると思います。

【取引条件】
米ドル円スプレッド 最大レバレッジ 通貨ペア数 初回入金額
1銭 25倍 11種類 200万円〜

【クイック入金対応状況】
三菱UFJ 三井住友 みずほ ジャパンネット銀行 楽天銀行 ゆうちょ 住信SBI セブン銀行 スルガ銀行
-

【モバイル対応状況】
docomo au ソフトバンク iPhone Android