スワップ狙いの取引ではスプレッドをあまり気にしなくていい?

トレードをする際に非常に気になる数値として、スプレッドとスワップポイントがあります。
低スプレッドで高スワップポイントの会社で取引できれば一番いいのですが、会社によって低スプレッドであったり高スワップポイントであったりと特徴が変わってきます。

ご自身の取引スタイルによって、スプレッドが重要なのかスワップポイントが重要なのかが変わってきます。デイトレードやスキャルピングトレードなどでは、取引回数が多いのでスプレッドは非常に重要になってきます。

トレードスピードが速くスワップポイントがほとんど発生しないので、スワップポイントは気にしなくてもいいです。逆にスワップ狙いのトレードになると中期から長期になってくるので、取引回数も少なく今度はスプレッドをあまり気にしなくてもよくなります。

スプレッドはあくまで取引回数の多い方に重要となってくるものなので、極端に悪くなければ大丈夫です。
長期間保持しいて、いざ決済の時にスプレッドの数銭はほとんど気になりません。スワップ狙いのトレードの方に重要なのは、スワップが高く長期的なトレードになるので信頼できる会社でトレードするということです。

金利の高い豪ドルやNZドルの扱いはどこの会社でもありますが、南アフリカランドなどのマイナー通貨をお考えであれば、取引通貨の種類の多い会社を考える必要もあります。スワップ狙いの方はスプレッドはあまり気にせずに高スワップの会社を選んでみてください。

そもそもスプレッドには種類がある

FX会社によってスプレッドが発生すると話しましたが、このスプレッドといってもいろいろと種類があるのです。スプレッドとは、FX会社を通じて為替取引を行う際に発生する、買値と売値の差であることはご存知でしょう。

実際にFXをやっている方なら、それぞれの利用しているFXの管理画面から注文画面を見ると一目瞭然です。メジャーな通貨で言いますと、ドル円に関してはスプレッドが0.3円か0.4円という業者がほとんどです。

この0.3であったり0.4の数値に関しては、単位が「銭」となっております。今回のこの例で言いますと、スプレッド0.3銭と0.4銭は、ドル円の1通貨あたりの売買の時に発生するものとなっております。もちろん、このスプレッドに関しては決済されない限りは発生はしません。これがいわゆる手数料ということになり、FX業者の収入源の一つとなるのです。

では早速スプレッドの違いについて見ていきましょう。

・完全固定タイプ
スプレッドが変動せずにずっと数値が変わらない状態です。今現在、完全固定のFX会社はありません

・原則固定タイプ
上記と同じでスプレッドが固定されておりますが、市場の状況が変わった際、例えば指標発表前後や為替相場変動が激しくなる時にはスプレッドが変わるタイプです

・変動タイプ
上記とは違い固定しているわけではなく、変動をする可能性が高く一定ではなタイプです。特に売買が薄くなりやすい時間帯等に代わりやすい傾向があります。

・キャンペーンタイプ
キャンペーン期間中に発生する特別なスプレッドタイプです。キャンペーン内容によって、特定の通貨に対し変動が行われることが多いです。

現在はほとんどの業者が原則固定タイプを採用しております。この場合は、普段あまりスプレッドに関しては、意識する必要はありませんが、指標前等はしっかりと数値の変化に気を付けましょう。

また、もっと注意が必要なことは、FX業者によってはスプレッドが確認しづらいものがあります。特に気を付けないといけない業者は、あまりスプレッドが狭くないような業者です。

この場合、管理画面の表記上はスプレッドがないように見えても、決裁した後に多くのスプレッドが取れれているという可能性もありますのでご注意ください。しっかりと口座の管理画面や注文決済画面を確認するようにしましょう。

メジャーな通貨、例えばドル円や、ユーロ円などはスプレッドが狭い業者がほとんどですが、マイナーな他の通貨は2.0を超えるのもざらにあります。取引回数が多いトレード方法であったりスワップ狙いでなければ、狙う通貨を変えるか業者を変えるようにしましょう。

FX取引をする際に、求めなければならないのは利益です。その利益を増やすためには、減らないような工夫が必要です。そのため、FX業者の手数料であるスプレッドは、なるべく安い取引で済むようにしましょう。

一つ一つは大した額ではないかもしれませんが、塵も積もれば山となる、大きな額を支払う可能性もありますので、無駄な取引をしないようにしましょう。

高額スワップポイントを常時提供するFX業者の人気ランキングベスト3!


高スワップポイントとDMMFX PLUSという秀逸な取引ツールがオススメ!
FX業者の中でも飛びぬけて高いスワップポイントを提供しているのがDMMFXです。どの通貨ペアでも安定した高さをキープ。買い・売りのスワップポイントが同額なのも嬉しい。使いやすく非常に完成度の高い取引ツールや無料セミナーなどのサポートが充実しており、スプレッドが狭いので初心者の方には特におススメのFX会社。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 9.5 0.3銭原則固定 20種類 1万通貨


年間取引高で何と5年連続首位の座を守り続ける大人気業者!
スワップポイントは安定的に高水準を保ちつつ、知名度や実績、質の高い情報提供などのサービスの面でも非常に優れたFX業者となっています。特許取得のテクニカル分析機能付きチャートやプロ視点によるマーケット情報など使いやすい取引環境が人気で、年間取引高では5年連続FX業界第1位と多くの方に支持されています。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.5 1銭原則固定 24種類 1万通貨

総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!
スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>>人気ランキングをすべて見る