ユーロの特徴

ユーロは1999年に発足した、決済用の電子通貨として発足しました。23の国で使用をされており、ユーロ/米ドルは世界で最も流動性が高い通貨ペアという事があげられます。また、現在では法定通貨としても欧州連合で導入されており、それによってドイツマルクなど各国の通貨は廃止されています。

そんなユーロですが、一時期はドルに次いで基軸となる通貨という扱いにもなりつつありましたが、近年の欧州経済危機でその扱いも微妙なものになりつつあるようです。ユーロは比較的新しい通貨になりますので、そのため他の通貨と比べて比較的リスクが高い通貨といえるのです。

欧州経済危機によって、価格の上下があるなど、いろいろと難しい点もあると言える通貨ではないでしょうか?発足時点において、ドルの次に基軸となる通貨と言われていただけあって、ドルとは基本的に逆相関の関係性が高くなる通貨と言えそうです。

また、ユーロペアでの取引をするには、ある程度重要な国を見ておく必要があるのです。
欧州経済において重要と考えられているのは、ドイツ、フランス、イタリア、スペインあたりではないでしょうか。

このあたりの国の各種指標や、経済状況、失業率などは注意をして見ておく必要があります。ユーロはある程度値動きがあるものの、ポンドほど激しい動きを見せることは多くない通貨と言えそうです。

そのため、短期トレードにも向いていますし、中期、長期的な取引にも向いているという事ができるでしょう。

ユーロ通貨のメリット

・巨大な組織であるユーロですが値動きが読みやすい
いろいろな国が加盟しているユーロですが、大きな値動きを発生させる国というのはほとんど決まっております。それは、ドイツ、イタリア、スペイン、フランスなのです。なぜこの国々なのかというと、これらの国々だけで、ユーロ全体のGDPの8割を占めているからです。

実質ユーロはこの国々が動かしているといっても過言ではありません。そのため、これらの国々の動向をいち早く察知できれば、値動きに関してはわかりやすいのです。

しかし一つ落とし穴があり、最近の話ではイギリスのユーロ離脱であったり、その前ですとギリシャの財政破たんのような、国家を揺るがすようなニュースの場合は、上記の4か国以外のニュースであれど侮れない、値動きの要因となるのです。

・ユーロ加盟国分の経済指標が値動きの要因になる
トレーダーにとって一番の稼ぎ時は、トレードスタイルにもよりますが、値動きが大きくなるときでしょう。これを引き出す要因の一つが、経済指標です。普通の通貨ですと、経済指標はその国一つだけです。

しかし、ユーロの場合ですと、加盟国分の経済指標というのが通貨ユーロに影響を与えるのです。つまり、その分だけトレーダーにとってはチャンスが広がるということになるのです。しかし、各国指標があるからと言って、すべてが大幅に値動きするわけではありません。

大きく動く国の経済指標に関しては、やはり上記で上げた4か国になります。その中でも特に経済が進んでいる、ドイツの経済指標に関しては、要チェックになります。

・中央銀行の発言には要注意
上記に値動きのある場合をご説明させていただきましたが、一番値動きが激しくなるタイミングがあります。それは欧州中央銀行が絡んでくる会合や声明です。各国に中央銀行はありますが、ユーロ全体を取り仕切る中央銀行があります。

そのため、こちらの中央銀行の決定がユーロ全体の流れを決めますので、一言一言の重みが他とは違います。為替の動きには注意が必要なのですが、これは逆にとらえれば、それだけ大きな流れが発生するので利益を得るには格好のタイミングなのです。

そのため、この時の発言や政策には十分注意を向けましょう。

ユーロ通貨のデメリット

・加盟国の問題でユーロの価値が下がる
ユーロは複数の国が集まってできた一つのユニオンになります。ということは、その集まった国々で経済状況が違ったり、治安というのも違ってきます。もし、ユーロの一つの国が経済的に破たんをしたり、テロがあったりすると、それだけでユーロの価値は下落をしてしまうのです。

そのため、上記に挙げた主要な4か国でなくても、問題が起きれば大きな為替の変動の要因となり売ります。こういった点でも、デメリットとした形で各国の情勢に意識を向けなければリスク管理はできないのです。

ですが上記のような、ユーロの離脱であったり、経済的に破綻というのはなかなかありませんので、怒ってしまった際はすぐに決済をすることをお勧めします。

高額スワップポイントを常時提供するFX業者の人気ランキングベスト3!


高スワップポイントとDMMFX PLUSという秀逸な取引ツールがオススメ!
FX業者の中でも飛びぬけて高いスワップポイントを提供しているのがDMMFXです。どの通貨ペアでも安定した高さをキープ。買い・売りのスワップポイントが同額なのも嬉しい。使いやすく非常に完成度の高い取引ツールや無料セミナーなどのサポートが充実しており、スプレッドが狭いので初心者の方には特におススメのFX会社。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 9.5 0.3銭原則固定 20種類 1万通貨


年間取引高で何と5年連続首位の座を守り続ける大人気業者!
スワップポイントは安定的に高水準を保ちつつ、知名度や実績、質の高い情報提供などのサービスの面でも非常に優れたFX業者となっています。特許取得のテクニカル分析機能付きチャートやプロ視点によるマーケット情報など使いやすい取引環境が人気で、年間取引高では5年連続FX業界第1位と多くの方に支持されています。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.5 1銭原則固定 24種類 1万通貨

総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!
スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>>人気ランキングをすべて見る