ニュージーランドドルの通貨の特徴

ニュージーランドドルは、各国の通貨のなかでも、金利が高い通貨の一つになります。そのため、スワップ目的で投資をするような個人投資家からは人気があり、オーストラリアドルと並んで人気がある通貨と言えるでしょう。

ニュージーランドドルの特徴

ニュージーランドドルは、オーストラリアドルと非常に強い結びつきがある通貨になります。オーストラリアの景気が良い時に、オーストラリアの企業などが輸入を増やしたりすると、ニュージーランドはその恩恵を最初に受けることができる国だからなのです。そのため、為替レートの動き方も非常にオーストラリアドルと似ており、追従するような動き方に見えるかもしれません。

またニュージーランド経済の要は、コモディティになります。ニュージーランドは、輸出で主になりたっており、そのなかでもコモディティが半数近くを占めているのです。そのため、コモディティの価格が上昇していくと、ニュージーランドドルも上昇する傾向があると言えます。

ニュージーランドドル円で取引をする場合、やはりスワップをメインに考えた人が多いのではないでしょうか?そういった場合、スワップに向いている業者などを選んでいきたいということになります。またデイトレードをしたいという人もいるかもしれませんが、ニュージーランドドル円の場合、50銭から1円程度の動きに収まってしまう事も多々あります。そのためデイトレなどには少し向いていないといえるかもしれません。

ニュージーランドドルに潜む危険要因

上記でも記載をした通り、ニュージーランドドルは非常に高い金利の通貨となっております。そのため、金利を主眼に置いたトレード、つまりスワップトレードを行う人が多くおります。そういった人たちが多くトレードを行っているため、金利動向にはとても注意をしなければなりません。

ひとたま、金利に関するニュースが発表されると、内容によって大幅に高騰したり、暴落したりと非常に動きやすい通貨でもあるのです。特にそのニュースの中でも、ニュージーランドの中央銀行総裁の一言は、ニュージーランドドルの市場に大きな影響を与えます。この中央銀行総裁が、金利に関わる話をしただけで、上述した通り高騰したり暴落したりとする可能性も含んでおります。

ニュージーランドドルは、他のアメリカドルや日本円、またはユーロといったメジャーの通貨と比べ、とてもマイナーな通貨となります。マイナーなだけではなく、流通している通貨の量も少なくなっております。

流通量が少ないということは、少しでも多く買われたり、売られたりすると大きく値幅が変わってしまいます。特に、大型の機関投資家等が介入してくると一気に値幅が変動してしまいます。しかし、マイナーだからと言って、急に通貨がなくなったり等の心配はないぐらいです。

次にリスクになるのは、ニュージーランドドルの取引時間にあります。この通貨の経済指標等が発表をされるのは、日本の早朝5時から6時の間に発表されます。この時間は早朝ということもあり、非常に通貨の取引が希薄になる時間です。取引が希薄になるということは、上記でも記載した通り、少しの取引でも大きな為替の変動が予想されます。

そのためマイナーな通貨の経済指標ではありますが、場合によっては大きく変動する可能性が潜んでおります。もしかしたら、ポジションを持っていたけど、朝起きたら強制決済をされていた、という可能性もありますのでご注意ください。

ニュージーランドドルの政策金利とは

なぜニュージーランドドルはこのように、金利が高くなっているのでしょうか。それには国内事情に問題があるのです。ニュージーランドはほかの国と違って、国内の産業が日本のように活発ではなく、資金繰りに非常に困難を極めました。そこで海外からお金を引っ張ってくるには、単純に高金利にすれば海外からの通貨買い入れがあるということで現在に至っております。

これはいい面もあれば悪い面もあります。それは、この国の通貨の魅力は、この高金利しかないということです。もし唯一の高金利が、中央銀行総裁の一言で下げられるような発言があれば、大暴落は避けられません。そういった意味では、おおいに危険をはらんでいる通貨なのです。

その証拠に、そのような発言があった後のニュージーランドドルですが一時は、97.73という高値をつけ他にもかかわらず、その一年後にはなんと44.19まで大幅な下落を見せたのです。それだけこの国の通は、高金利というものに縛られてしまった通貨なのです。

高額スワップポイントを常時提供するFX業者の人気ランキングベスト3!


高スワップポイントとDMMFX PLUSという秀逸な取引ツールがオススメ!
FX業者の中でも飛びぬけて高いスワップポイントを提供しているのがDMMFXです。どの通貨ペアでも安定した高さをキープ。買い・売りのスワップポイントが同額なのも嬉しい。使いやすく非常に完成度の高い取引ツールや無料セミナーなどのサポートが充実しており、スプレッドが狭いので初心者の方には特におススメのFX会社。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 9.5 0.3銭原則固定 20種類 1万通貨


年間取引高で何と5年連続首位の座を守り続ける大人気業者!
スワップポイントは安定的に高水準を保ちつつ、知名度や実績、質の高い情報提供などのサービスの面でも非常に優れたFX業者となっています。特許取得のテクニカル分析機能付きチャートやプロ視点によるマーケット情報など使いやすい取引環境が人気で、年間取引高では5年連続FX業界第1位と多くの方に支持されています。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.5 1銭原則固定 24種類 1万通貨

総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!
スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>>人気ランキングをすべて見る