米ドルの通貨の特徴

米ドルは、国際社会の業務決済に広く利用されており、世界の基本となる基軸通貨になります。
換金性に優れていることから、流動性もたかく、為替取引のなかでも8割近くに米ドルが絡んでいると言われている通貨になります。

米ドルは世界の基軸となる通貨になるため、アメリカの様々な指標は為替マーケットに大きな影響力をもちます。

経済指標、政策金利、企業業績などもそういったファンダメンタルになるのです。
しかし以前と比べてみると、サブプライム以降は若干ドルは弱い流れということになっているのではないでしょうか。

また米ドルの特徴の一つとして、金とのかかわりを上げることができます。
米ドルは金の価格と逆に動くという特徴があり、またそれは歴史的にもずっと続いているのです。
金価格が上昇するとき、米ドルは下落をし、金が下落をするときは米ドルが上昇するという事になります。

米ドルを為替取引で利用をするときは、まずドル円で考える人が多いかもしれません。
やはりドル円というのは、日本人にとって一番なじみが深いペアになるからです。
ドル円は長期的な取引、短期の取引、どちらにしても比較的取引が行いやすいペアと考えてよいかと思います。

しかし、ドル円は一時的なトレンドは形成されますが、そのあとにはレンジ相場になることが多い通貨ペアとも言えます。
そのため、スイングで取引をするよりかは、デイトレードでの取引の方がより扱いやすいと言えるかもしれません。

米ドル通貨のメリット

・流通量が非常に多い
米ドルについては世界で一番流通している量が多い通貨となります。そのためマイナーな通貨によくある急激な値動きがなく、安定した資産運用ができることが魅力なのです。米ドルを国の通貨として採用している国も多く、安定した取引を行えるのです。

・値動きが非常に安定している
上記にも記載をしましたが、米ドルについてはどの通貨よりも安定的な運用が可能です。流通量が非常に多いので、少し売ったり買ったりしただけでは、チャートには全く影響はありませんし強制ロスカットになる可能性も低くなります。

急激な上げ幅も下げ幅もなく利益を上げにくく感じると思いますが、それ以上に損をする可能性も低くなるので、デメリットよりメリットのほうが上回っております。

・経済指標や要人発言がトレンドを作るきっかけに
米ドルの値動きはあまり過激にはならないと上記で記載をしましたが、ある一転においては激しい値動きをするときがあります。それはアメリカの経済指標発表や要人の発言です。これらの情報は、米ドルにいいニュースであろうと悪いニュースであろうとチャートに現れます。こういった点でも、トレードのタイミングもつかみやすく、初心者がやるにはもってこいの通貨となります。

米ドル通貨のデメリット

・スワップ取引にはあまり向かない通貨
FXのトレードスタイルにはいろいろなものがあります。もっとも主流になるのは、短期のトレードスタイルではありますが、あまりトレードに時間をかけれない人は、長期トレードが主流でしょう。その中でも、ポジションを持っているだけで利益を得ることができるスワップ取引については、行っている人も多くおります。

スワップ取引とは、金利が低い国から金利の高い国の通貨を購入することで、その金利差から利益を得ることができます。しかし、米ドルというのは金利の引き上げがありましたが、それでもまだまだ金利が低い国となっているのでこのスワップ取引にはどうしても向きません。やはり米ドルに関しては、短期もしくは中期において売買することを推奨する通貨でありましょう。

・世界情勢に最も影響を受けやすい通貨
アメリカという国は国が公言している通り、世界の警察の役割も担っております。ということはアメリカということは、ありとあらゆる国のトラブルであったり紛争といったものにも絡んでいることが多分にあります。そうなるとテロであったり戦闘に巻き込まれやすくなります。

このようなことがたとえアメリカをターゲットにしたものでもないけど、リスク回避のためにアメリカドルが売られて一時的に大幅な下落を導く可能性があります。時たまトレードを行っているときに、全く関係ないところで紛争であったりテロがあっても、アメリカドルが下がることなんてしょっちゅうあります。

このように予期せぬ出来事に対しても、過敏に反応をしてしまうというテクニカルなトレードスタイルではどうしても対応しきれないようなことが発生するデメリットがあります。

高額スワップポイントを常時提供するFX業者の人気ランキングベスト3!


高スワップポイントとDMMFX PLUSという秀逸な取引ツールがオススメ!
FX業者の中でも飛びぬけて高いスワップポイントを提供しているのがDMMFXです。どの通貨ペアでも安定した高さをキープ。買い・売りのスワップポイントが同額なのも嬉しい。使いやすく非常に完成度の高い取引ツールや無料セミナーなどのサポートが充実しており、スプレッドが狭いので初心者の方には特におススメのFX会社。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 9.5 0.3銭原則固定 20種類 1万通貨


年間取引高で何と5年連続首位の座を守り続ける大人気業者!
スワップポイントは安定的に高水準を保ちつつ、知名度や実績、質の高い情報提供などのサービスの面でも非常に優れたFX業者となっています。特許取得のテクニカル分析機能付きチャートやプロ視点によるマーケット情報など使いやすい取引環境が人気で、年間取引高では5年連続FX業界第1位と多くの方に支持されています。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.5 1銭原則固定 24種類 1万通貨

総合力・サービスのきめ細かさで常に人気のFX会社!
スワップポイントは業界の中で突き抜けて高額なわけではありませんが、平均的に高い水準に設定されているのが嬉しいところ。ポジションを決済しなくても、スワップポイントだけを受け取れるサービスもあるので利便性が高いです。業者の信頼度も高く、中長期のトレードの方でも安心して利用できます。

スワップポイントの高さ 米ドル/円 スプレッド 通貨ペア数 取引単位
 8.0 0.3銭原則固定 14種類 1万通貨

>>人気ランキングをすべて見る